うつ病パパの復職レポート

HOW TO STOP WORRYING AND START LIVING.

人生の幸福度をアップさせる魔法。コーピングとは!?

f:id:jpf710:20180825153526j:plain

 

うつ病の患者さんに限らず、世の中はストレスの連続です。

過度なストレスには、心身を疲弊させる危険性があります。

私は、リワークで様々なストレス対処法を教えてもらいましたが、その中でも効果的だと感じたものが「コーピング」です。

  

コーピングとは何か?

 

「コーピング」という言葉は、耳慣れない方も多いかもしれません。

テレビ番組の「世界一受けたい授業 」で2017年4月1日に紹介されたことがありますが、その後はメディアで「コーピング」というワードが出る機会が少ないように感じます。

 

コーピングとは、ストレスへの対処を意識的に行うことです。

また、ストレス対処の手段をリスト化し、それを意識的に実行したうえで、ストレスが軽減されたか自己評価することです。 

 

コーピングを実践してみましょう。

 

コーピングの定義は少し抽象的で、なかなか頭に入ってきませんでしたが、とりあえず自分の好きなこと、ワクワクすることをリスト化してみました。

 

望ましいコーピングのやり方は、以下の通りです。

1.効果があること。

2.低コスト。(お金、時間がかからない。人に迷惑かけない。)

3.レパートリーが広いこと。

4.たくさん用意して、いつでも使えること。(紙に書いて携行。)

(リワークの授業メモから抜粋)

 

コーピングをリスト化するうえで大切なことは、とにかく数を多く出すことです。

50個でも100個でも、思いつく限り書き出しましょう。

日常生活に組み込まれている、ほんの些細なことでもいいのです。

私の場合は、「お気に入りのハミガキ粉で歯を磨く」のように細かいことまで書きました。

 

また、レパートリーが広いことも大事です。

例えば、読書が好きな場合、「ミステリー小説を読む」と「専門書を読む」に分けても良いのです。

実際、その時の気分によって、違ったジャンルの本が読みたくなりますよね?

 

コーピングの効果は?

 

ストレス対処法は、人によって合う合わないがあります。

また、効果があったとしても、感じ方は人それぞれです。

ここでは、私が感じたコーピングの効果を紹介します。

あくまで個人の感想です。

 

1.自分の日常には幸せがいっぱいだと気付ける。

コーピングをたくさん書き出してみると、自分の日常にはこんなに多くの幸せなイベントがあったのかと気付くことができます。

普段見落としている小さな幸せを再確認することができるのです。

これらの幸せなイベントを見落とさず、ストレス対処法として意識的に実行することで、日々の幸福度が高くなりました。

 

2.メンタル不調のアラームになる。

コーピングは優れたストレス対処法ですが、社会生活を送っていると、それでも対処しきれないレベルのストレスに襲われます。

私自身、コーピングでは間に合わず、塞ぎ込んでしまうことが今でもあります。

しかし、コーピングでストレスに対処できていない自分を客観的に見られるようになりました。

今では、コーピングで対処しきれないストレスを感じたときは、無理をしないように仕事や勉強のペースを緩めるように心がけています。

 

自分を見つめ直しましょう。

 

コーピングのリストを書き出す過程で、自分のことを見つめ直すことができます。

「自分は何が好きか?何にワクワクして感動するか?」

こういったシンプルなことを再確認することで、人生の指針を調整することも可能だと私は考えています。

 

今後もリワークで学んだことを紹介していきたいと思います。

 

以上