うつ病パパの復職レポート

HOW TO STOP WORRYING AND START LIVING.

【体験レポート】自立支援医療制度の申請は、お忘れなく!

f:id:jpf710:20180924062026j:plain

 

うつ病の治療が長期化してくると、通院代・薬代・リワーク費用などの医療費負担が大きくなってきます。

そんな時は、自立支援医療制度を活用することをオススメします。

制度の概要については、過去の記事でも取り上げたことがありますが、今回は、利用者目線での体験レポートとして、詳しく書きたいと思います。

www.fujiyama-japan-mental.com

 

自立支援医療制度とは?

 

うつ病等で継続的な治療が必要な方は、自立支援医療制度を活用できます。

自立支援医療制度とは、健康保険加入者の医療費が従来の3割負担から1割負担になる制度のことです。

さらに、1ヶ月あたりの医療費に上限があるので、通院回数が多い人ほど恩恵が受けられます。

例えば、リワークに毎日通う方にとっては、メリットの大きい制度です。

 

医療費の上限は年収によって決まりますが、私の場合は、月10,000円が上限でした。

まともに3割負担していたら、リワークや通院の費用を合計すると1ヶ月で数万円となるはずでしたので、この制度には、かなり助けられました。

 

<ご参考>

自立支援医療 |厚生労働省 

 

要注意!必ず申請が必要です。

 

自立支援医療制度は、役所に申請しないとサービスを受けられません。

うっかり申請をしないでいると、3割負担の医療費を支払い続けることになります。

ただでさえ気分が落ち込んでいて情報収集なんてしようと思えない状態ですから、誰かに教えてもらわないと、制度について知る機会がありませんよね。

私の場合は、リワーク先の病院から、自立支援医療制度の申請をするように案内されて、制度について知ることが出来ました。

 

まずは、医師から診断書を貰いましょう。

 

自立支援医療制度の申請には、医師の診断書が必要になります。

主治医に制度を利用したい旨を伝えれば書いてもらえます。

診断書の発行に要する期間は、病院によって異なりますので、申請したい場合は早めに主治医に相談することをオススメします。

ちなみに、文書料の出費が地味に痛いですが、制度の恩恵を考えれば、やむを得ない先行投資です。

 

いざ!お役所へ。

 

医師の診断書を準備できたら、所轄の役所へ行きましょう。

基本的には、「福祉課」等の部署が担当窓口になっています。

休職中、家族以外との会話がほとんど無かった私にとっては、役所での手続きは少し緊張しました。

書類を記入したり、職員さんの説明を聴いたり、仕事から離れていると不慣れになってしまうことが、次々と待ち構えていました。

一つだけアドバイスさせてください。

書類の記入を間違えたり、職員の質問に上手く答えられなくても、自己嫌悪に陥らないで大丈夫です。健康な人でも、役所では同じことになりますから。

 

通所している医療機関を登録します。

 

自立支援医療制度の申請時に、精神疾患で通所している医療機関を登録することになります。その際、医療機関の名称と住所を書かされます。

役所に行く前に、利用している医療機関の名称と住所はメモしておきましょう。

例えば、主治医に紹介状を書いてもらって外部の病院が実施するリワークに通っていた私は、以下の3機関を登録しました。

・通院先の病院(主治医の病院)

・リワーク先の病院

・薬局

要注意なのが、薬局も指定する必要があるということです。

私は、通院先の近くにある薬局を何となく利用していたので、住所はおろか、名称すら思い出せず、手続きの際に、かなり焦りました。

 

しばらくは「本人控え」を利用します。

 

めでたく申請が完了すれば、翌日から制度の適用を受けることができます。

ただし、自立支援医療受給者証が発行されるまでには時間がかかるため、しばらくの間は申請書の「本人控え」を医療機関に提示して制度の適用を受けることになります。

本人控えは、正式な受給者証と同じ効力を持っていますので、ご安心ください。

ちなみに、以下の様な手帳とセットで発行されます。

(私の住んでいる横浜市は、発行に1か月半かかります。)

f:id:jpf710:20180924073911p:plain

 

医療費は上限を超えたら無料!

 

冒頭にも書きましたが、自立支援医療制度の最も優れている点は、医療費に上限が設けられていることです。

例えば、民間病院のリワークに通う場合、3割負担だと2,000円くらいの費用が発生します。

復職を視野に入れて毎日リワークに通うとなると、毎日2,000円の現金が財布から消えていくわけです。考えただけで眩暈がします。

ところが、自立支援医療制度を使えば、日々のリワーク費用が700円程度に抑えられるうえに、通院代・薬代を含めた医療費が月の上限額を超えた時点で無料になります。

 

ちなみに、月々の上限額は、以下の様な帳票で管理されます。

写真は記入例で、実際は手書きで管理されていました。

f:id:jpf710:20180924075318p:plain

 

自立支援医療制度を知ることが大切です。

 

ここまで、利用者目線でいろいろと自立支援医療制度について書いてきましたが、休職して自宅療養していた頃は、制度のことを全く知りませんでした。

リワーク先の担当者に教えてもらったり、同じ精神疾患の患者さんが利用しているのを見聞きしないと情報が入ってこないのが現状の様です。

 

申請漏れで損する人を一人でも減らすため、申請時の不安を少しでも解消するために今回の記事を書きました。

 

まだ申請してない方、制度について初めて知った方は、是非、参考にしていただければ幸いです。

 

以上