うつ病パパの復職レポート

HOW TO STOP WORRYING AND START LIVING.

【思考エラー15】うつ病の原因は、「心配の魔法」なのか?

f:id:jpf710:20181011051652j:plain

 

世の中は、矛盾に満ち溢れています。

人間の心も、矛盾だらけです。

 

「心配している方が安心する。」

「幸せ過ぎて怖い。」

 

このように、対極にある感情が同時に出てくることがあります。

 

今回は、15番目の思考エラーです。

「心配の魔法」について解説します。

 

「心配の魔法」とは?

 

あなたが心配していることは、実際にどのくらいの頻度で起こりますか?もしあなたがあまり心配しない性格なら、あなたの答えは「あまり起こらないよ」でしょう。あることを何年も心配した挙句、その心配事が現実にならなかったとしましょう。そのような場合、私たちは無意識のうちに「心配すればそれは起こらないのだ」という考えを抱きがちです。この「結びつけ思考」によって、私たちは「心配すれば嫌なことは起こらない」と信じてしまいます。その結果、私たちは心配しないことを恐れるようになります。

心配はロッキング・チェアーに座って揺れているようなもの。

あなたは何かをしているが、

どこにも行けない。

(リワーク配布資料より抜粋)

 

未来のことは、誰にも予測できません。

データからも、経験からも、あるいは歴史からも、これから起こることを100%の確度で言い当てることはできません。

 

確かに先を見越して準備することは大事ですが、予期できないことまで心配しても、ただの徒労に終わってしまいます。

人間には予知能力は備わっていないので、世の中は不確実であることを受け入れるしかないのです。

 

職場に見られる心配性。

 

職場にも、心配することで安心するタイプの人が多いですよね。

 

私は仕事の関係で、「働き方改革セミナー」のような講演会に行く機会が多いのですが、いろいろな話を聴く中で、部下を長時間残業させる上司の共通項に気付きました。

 

それは、「自分の保身のために、無駄な資料を大量に作らせる上司」です。

 

例えば上司から、こんな指示を受けたことがありませんか?

「この資料の詳細なデータが見たいと言われるかもしれない。」

「この案件に関連した過去の事例を5年分遡って参照したいと言われるかもしれない。」

「他社の動向をベンチマークするように言われるかもしれない。」

 

ちなみに、私の職場では、「かもしれない」は、ほとんど当たりません。

的外れな心配事で、いつも振り回されているのが日常風景です。

 

ビジネスにおいて、先読みをする力は重要なスキルです。

しかし、「先読みできることと、先読みできないことを見分ける判断力」は、それ以上に大事だと思います。

 

このような分別が無いと、心配することで安心感を得る思考エラーに陥ってしまうのです。

 

以上