うつ病パパの復職レポート

HOW TO STOP WORRYING AND START LIVING.

【脱社畜】会社を辞めなくても自由は手に入ります。

f:id:jpf710:20181222060411j:plain

 

社畜のみなさーん!もうすぐクリスマスですよ!

 

冒頭から煽って申し訳ありません。

 

私も会社員ですから、25日は出勤です。

 

今回は、「脱社畜」というテーマで、私の個人的な見解を述べます。

 

脱社畜とは?

 

「脱社畜」とは、SNS界隈で密かなトレンドワードになっている言葉です。

 

ビジネス系インフルエンサーのイケハヤ先生が面白く宣伝しているので、参考の動画をリンクしておきます。

※「怖いもの見たさ」でご視聴ください。

www.ikedahayato.com

 

「会社員は社畜だ!人間らしい生活をしていない!」

 

「だから会社を辞めて個人事業で稼ごう!」

 

という論調で語られることが多いようです。

 

本当に会社辞めないと脱社畜できない?

 

確かに会社員の生活は、人間らしさを失ってますよね。

 

私もこんなブログ書いているくらいですから、会社には散々な目に遭わされて、心を病んでいた時期もありましたよ。

 

でも、私の場合は、「会社に居座って脱社畜する」という道を選びました。

 

すると、会社員としての権利をとことん使い倒してやれば、意外と快適に働けることがわかったのです。

 

社畜になるかは自分次第です。

 

冒頭、クリスマスネタで煽ってしまいましたが、無意味に煽ったわけではありません。

 

私の勤め先では、今年、クリスマスの夜に大宴会が予定されています。

 

出世競争に必死な社員たちは、会社への忠誠心をアピールするために出席するようです。

 

もちろん私は欠席しますよ。

 

家に帰って、子どもと一緒にクリスマスケーキを食べる予定です。

 

クリスマスの夜に、上司のご機嫌取りをするのは勘弁です。

 

出席する社員たちは、「強制参加だから仕方ない。欠席する奴はズルい。」とでも思っているかもしれません。

 

私も、病気になる前は、飲み会は強制参加だと思い込んでいました。

 

でも、本当は、自分で選択していただけなんですよね。

 

「強制」ではなく「選択」です。

 

飲み会だけではありません。

 

すべての社畜的な働き方は、会社から強制されているようで、実は自分で選択しているのです。

 

休みたかったら休めばいいのです。

 

早く帰りたければ帰ればいいのです。

 

定時退社も有給休暇も習慣化してしまえば、それが前提に仕事が回るようになります。

 

人手不足で忙しいかもしれませんが、裏を返せば、人手不足だからこそ簡単には切られません。

 

むしろ、辞めさせてもらえないことに悩んでいる人が多いくらいですよね。

 

社畜との共存。

 

当たり前のことですが、会社で「脱社畜」宣言をしたり、旧態依然とした働き方の社員を「社畜」と煽ったりすることはオススメしません。

 

「社畜社員」VS「非社畜社員」みたいな対立は不要です。

 

同じ職場で働く仲間ですから、お互いの価値観を尊重して仲良くやりましょう。

 

今の会社組織には、まだまだ社畜の力が必要です。

 

彼ら/彼女らに常日頃から感謝し、時には重要なポストを譲り、一緒にビジネスを発展させていくことが大切だと思います。

 

私は、今後も会社に居座りながら、脱社畜することを目指します。

 

以上